忍者ブログ
後藤寺不動院の先達・照聖が、皆さまにお伝えしたい出来事や思いを書き綴っています。初めての方、ぜひ最古記事(最初)からご覧下さいませね!
[281]  [280]  [279]  [278]  [277]  [276]  [275]  [274]  [273]  [272]  [270

長くなるお話。。。これも書き残しておきたいので
これはほんとは(貴方の知らない世界版)のカテゴリーでしょうが、韓ドラ友人のお話しなのでね^^
 
先日の韓ドラ友達○さんの話ですが・・ある夜電話がかかってきました。
「義弟(旦那さまの弟)が喘息の発作で救急車で運ばれた・・大変なのよ~!」と。
すでに意識はなく、状態はすごく悪く、命に関るほどの重篤だと先生からいわれたらしい。
私は余り友人とはおまいりの関係を持たないので「大変だね~(ーー;)」と話を聞いていただけだったが、この○さんは私のブログをほとんど読んでいるらしい。。。
 
それでお不動様から救われた人がいる事を知っている。多分私に何かしてもらいたいという気持ちがあったのだろう。。。しかし、この時の私の体力はギリギリラインだったし、お盆を前に~しかも倒れた義弟さんの状態を聞いてても、そこまで悪くなっていたらどうしようもないかも・・引き受けても難しいかも・・と、どうにかしてあげたい気持ちはあったけど・・やんわりと話を聞くだけにしていたのです。
 
うかつに引き受けて、もし助からなかったら友達関係まで崩れてしまうかもしれない・・これは引き受けがたいわ~ですわ。。。何とかしてあげたい気持ちと・・無理かも・・)の気持ちが交差しながらも、えんえんと、夜中に4時間ほど話をして~「もう寝らねば~」と電話を切ったのは午前3時半~@@@
やっと引き受けるのを逃げ延び・・笑・・何時間か眠りにつきました。
 
次の日、おまいり10分前に○さんから電話がかかってきた。
○さん「旦那が中古の車を買うんだけど、こんな時に買ったりしたらよくないよね~?」
私、義弟さんのことじゃなかったので「それだったらお不動様に交通安全の祈願をして、お祓いすれば大丈夫よ~」で、旦那さまの祈願は即、引き受けました。ところがその続きが~@@@
 
○さん「それでね~義弟なんだけど・・悪いんだよね~どうにかならんやろか?」と、言い出したではありませんか。ここがご縁なんでしょうね~(>_<)
私はもう、おまいりの時間が間近にせまっていたので、仕方なく・・イエイエ、これくらいなら出来るかも・・と、
「じゃぁ、お不動様のお力を頂いたお札を2つ、お願いして送ってあげるから、そのお札の前で義弟さんの家族と○さんと、自分達で一生懸命お願いしてみてね」ということになりました。何とかもう一度意識が戻って家族と話ができれば・・そんな思いだった。そしてお不動様に祈願をしてお札を送りました。
P1050343.jpg















さっそく2軒同時にお札の前で病人の回復を願ったようです。
そしてね、その日の夕方、○さんはメールでこう言ってきた。
「今ね、スーパーに買い物に来ているんだけど、義弟の事を思うと悲しくなってきて買い物してても涙がとまらんよ・・」私はこの言葉に心を打たれました。
 
こんなに優しい気持ちでいるんだ。。。しかも、自分だってそれほど裕福ではないだろうに、祈願料も○さんが出し、義弟の奥さんにも病院に通う交通費がいるだろうからってお金を渡してるんですよ~。
なかなかこんなことする人は今どきすくない。。。
(ほんとにこの人は優しい心を持っているんだぁ。。。)
私はこの友人の行いに心を打たれ、再度お不動様に病人の回復を願いました。
 
数日後、友人から電話。「ちょっと~!義弟の病状がね、びっくり!良くなってきてるのよ!すごいね~!これってお不動様のおかげやね~!!」ですよ(*^_^*)
 
これには私もびっくり!日に日に状態が良くなり、当初の重篤患者からすると、
あり得ない位の速さであっという間に一般病棟へ移り、あっという間に退院へ~!
そして、「良くなっても仕事は無理でしょう。。。」といわれた職場復帰!
義弟さんは、すっかり元気になったようです。良かったですね~(*^_^*)
 
ご夫婦と○さんはお不動様のもとにお礼まいりにこられました。
初めてお会いしましたが(どこが悪かったんだろう。。。)と思うほどに元気なお姿でしたよ。
私は義弟さんに「義姉さんのおかげで助かったようなものですよ(*^_^*)」としっかりいきさつをお話ししました。
おまいりに関しては接点のなかった私と○さん、時々電話で話をしても、おまいり事の話は「ふ~ん、そうなん?」と興味なさげだったのに・・笑
私も○さんとは、全く普通のおまいり事なしの関係で続いていく・・と思っていたのです。
ご縁とは不思議なもので、義弟さんが初めての人だったら、ここまではお不動様のお力を受ける事は出来なかったと思います。
 
しかし○さんはおまいりには関係なくても、韓国ドラマで<功徳>を積んでいたのですね~!忙しい私の代わりに良いドラマを探してくれたり、貸してくれたり・・おまけに信者さんまで借りて見ていましたから大変喜ばれていました。
私の母は、父を亡くした悲しみを韓ドラのおかげで忘れる事ができ、今や私も母も
「ど~っこも行けなくても韓ドラがありさえすればいいよね~♪」までになっているのです。
私達の生まれ年はどうやら『人が喜んでくれる事をするのが好き!』性分のようで^^
しかし、この性分がこんなふうに役に立つわけですよ。○さんは純粋に義弟の回復を願いました。
 
喘息はご先祖様からの繋がりが深い・・そういわれております。
義弟ご夫婦も○さんも2時間かけて、お盆にはご供養にお越しになりました。
この件をきっかけに、この方たちはお不動様とのご縁を頂いたわけであります。
良かった・良かった。これから先も、このご縁を切ってしまわないように・・と願っています(*^_^*)
 
長くなりましたが、書き残しておかないと忘れてしまう~で・・・
最後に『やっぱりなんでも良い事はしておくべきです。損得を考えずにすることは~
<功徳>となって、いつか自分や周りの大事な人のために使う事が出来る!』ですね♪
 
そしてね、もう一つ書き残しておかねばならない事が!(^^♪フフフ
 
あとの話しですが義弟さんが意識不明のときの事を話してくれました。
「綺麗な女性の霊媒師が二人出てきて・・一人が何かしてくれていたけど、
(私では無理のようです。。お願いします。。)と、もう一人の霊媒師に替わって何かをしてくれた」
その話を聞いて・・私達も「へぇ~?・・おもしろいね。不思議だね~!」と驚きました。特には『綺麗な霊媒師』のところね!オ~ホホホ♪
多分、私とrenちゃんの事?そういうことにしておきましょう(^^ゞ
 
私達は霊媒師ではありませんが・・
女の人が二人・・というのにはちょっとびっくりしました。
義弟さんとの接点は全くありませんでしたからね~不思議なことですよ。
やっぱりご縁なんだなぁ~と思いました。
『綺麗な霊媒師』。。。オトボケ照聖ですが、今でもその言葉だけは・・覚えていますよ~!絶対に忘れるもんですか^^・・ホホホ(^。^)y-.。o○フフフ
 
 
 
<ブログ総集編より>
 
後藤寺不動院のHPもご覧下さいね!http://www.gotoujifudouin.or.jp/
ボランティア活動キボウのカケラ http://www.kddi.com/corporate/torikumi/kibou/
 
あなたの知らない世界実践版 http://blogs.yahoo.co.jp/s_gotouji/folder/1293201.html
 
PR
この記事にコメントする
name
subject
color
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[06/04 SYOUSEI   ]
[06/04 安方史恵]
[06/04 安方史恵]
バーコード
sendatu
プロフィール
HN:
syousei  (照聖)
性別:
非公開
職業:
僧侶 (尼僧)
ブログ内検索
最新トラックバック
フリーエリア
バーコード
忍者ブログ [PR]
○sozai:グリグリの世界○ ○Template:hanamaru.