忍者ブログ
後藤寺不動院の先達・照聖が、皆さまにお伝えしたい出来事や思いを書き綴っています。初めての方、ぜひ最古記事(最初)からご覧下さいませね!
[703]  [702]  [701]  [700]  [699]  [698]  [697]  [696]  [695]  [694]  [693
なんやかんやしているうちにもうすぐお盆ですね。コツコツと準備に励んでおりました。お船を作るのに一か月ほどかかりますね~お仕事の合間に作る時間を入れますので(^^ゞ
心を込めて今年も立派な?お船が無事出来上がり~!

 今年もどう見てもニワトリのようですが『鳳凰』でございますよ(^^
ここでお盆の貴重映像を。。。
 
「供養祭の最後はこの「鳳凰丸」にのってご先祖様が西方浄土にお帰りになる」という事で信者さんがご先祖様の塔婆を入れた後、お船に火がつきます。
火の鳥鳳凰がご先祖様を乗せて天高く舞い上がる。。。そういうようにいつもお話しさせて頂いていますが、ある年に信者さんが写した一枚の写真を見て「ほんとに鳳凰がのぼっているよ。。。」と、みんなで驚きましたね^^
お分かりになるでしょうか?お船はまだすべて焼けてはいないのにお顔の部分からそのまま炎のお姿で抜け上がって行く途中にみえます。今ではこの画像はお宝写真の一枚になっています。心を込めてご供養をさせて頂きます。
 
毎年の事ですが、お盆の供養祭について。。。(#^.^#)
  
(人間一人が今日生きるまでの ご先祖様の数)
 私たちは親から生まれ、その親もまた親から生まれました。こういうふうに計算すると そのご先祖様の数は 二十五代まで遡って「三千三百五十万四千四百三...十二人」更に歴史上の始まりから計算すると五十七京六千四百六十兆七千五百二十三億三百四十二万三千四百八十八人。。。。だそうです。(気が遠くなるような人数ですね~)
この数が私(貴方)が、この世に存在するために努力なさって下さったご先祖さまの人数です。もとをたどると、もしかして私達はもとは皆親戚だったかもしれませんね^^
誰一人かけても 私は(貴方)は・・この世に存在していないわけです。
これを知ればご先祖様に対して、感謝の気持ちを持たなければならないことがおわかりになられると思います。
 「俺には俺の、私には私の生きる権利がある・・」とか、
「何で私は不幸なんだろう・・」とか思う前に、これだけのご先祖様の命のバトンタッチによって、自分が今ここにいる。自分で一人で生きているのではなく、生かされていることに気がつかなくてはいけません。
 お盆には、本当に真心のこもったご供養をしなければならないと思います。
 それが、私たちをこの世に存在させて下さっているご先祖様への感謝のご恩返しですね
 
 「今日のご無事は 先祖のおかげ 自己の安楽は 祖先の辛苦にあり 子孫の繁栄は おのれの努力にあり」
  常にご先祖様に感謝し 私たちも誰かに感謝される生き方をしなければならないと思っています。
 お堂では16日盂蘭盆会供養祭に於いてご先祖様はもちろんですが、戦争で亡くなられた方々や、災害で亡くなられた方々もかならずご供養をさせて頂いております。
さて、最後の準備にとりかかりますぞ~!
 
 
 
 
 
 
PR
この記事にコメントする
name
subject
color
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[06/04 SYOUSEI   ]
[06/04 安方史恵]
[06/04 安方史恵]
バーコード
sendatu
プロフィール
HN:
syousei  (照聖)
性別:
非公開
職業:
僧侶 (尼僧)
ブログ内検索
最新トラックバック
フリーエリア
バーコード
忍者ブログ [PR]
○sozai:グリグリの世界○ ○Template:hanamaru.